鈴与自動車運送株式会社

採用情報

  1. HOME
  2. 採用情報トップ
  3. 社員紹介

社員紹介

  • ボタン:三浦社員

  • ボタン:都築社員

  • ボタン:池谷社員

  • ボタン:増田社員

効率の良い運行指示を出せたときにやりがいを感じます。

三浦 拓磨(2013年入社)

職員

写真:三浦社員

入社のきっかけは?
 学生のころはUターン就職を考えて就職活動をしていました。特に業種は絞っておらず、説明会で興味を持った会社を受けていました。当社の説明会で先輩社員の話を聞き、静岡県下の海上コンテナ輸送でNo.1である鈴与自動車運送(株)で仕事をしたいと感じました。また、社員の人柄の良さも感じ、働きやすそうだと思ったことも入社理由の一つです。
現在の仕事内容は?
 ドライバーへの運行指示を行っています。運行指示とは、貨物を納入先に届ける為に、道路状況、積載物、到着時間、納入手順などをドライバーへ指示することです。特に安全に運行できるように気を遣っています。また、京浜営業所では、各ドライバーにタブレット端末を持たせ、指示のやり取りを行っています。当社独自開発のシステムであり、導入前と比べ仕事をより効率良く行うことができるようになりました。

三浦社員:仕事風景

仕事でのやりがいは?
 効率の良い運行指示を出せたとき、無事に一日終えられたときにやりがいを感じます。運送業は少しでも多くの貨物を配達するほど売り上げが良くなります。効率よく沢山運べたときは収支も向上し達成感が味わえます。また、事故もなくドライバーが帰社したときは、明日も無事故で終えられるように準備をしようという気持ちになります。
学生に一言
 人事担当者や先輩社員に気になった点はどんどん質問するとよいです。
 入社後の自分の姿をイメージしやすくなります。
 就職活動は大変だと思いますが、後悔しないように頑張ってください!

このページの先頭へ戻る

人々の生活の『当たり前』を支え、生活に貢献できる仕事です。

都築 慶(2014年入社)

職員

写真:都築社員

入社のきっかけは?
 私は就職活動をしている時、特に業種を絞っていませんでした。就職活動を通して、さまざまな業種の説明会に足を運んでいるうちに運送業界に興味を持ちました。そして、鈴与自動車運送鰍ナ働く先輩社員の声を直接聞き、一緒に仕事をしてみたいと感じました。働いている人の雰囲気が私のイメージしていた職場の雰囲気に近かった点が入社を決めた一番の理由です。
現在の仕事内容は?
 現在、私は重量貨物輸送営業部の豊橋営業所に勤務しています。豊橋営業所の主な貨物は、コイルと呼ばれる鋼材です。その他にも、H鋼やコンテナ、セメントなどの貨物を日々、輸送しております。その中で私は、鋼材やコンテナの手配を担当しております。

都築社員:仕事風景

仕事でのやりがいは?
 一番のやりがいは、みなさんの生活の中で少しでも役に立てていると実感できた時です。自分たちの手配した車輛で輸送したモノが、みなさんの生活の中で使われているのを見たときや、聞いたときにやりがいを感じます。運送業は人々の生活を陰ながら支えていると自負しています。
学生に一言
 とりあえず様々な業界や企業を調べて、たくさん足を運んでみてください。就職活動をしながら、いろいろな出会いや発見があると思います。新卒採用という強みを生かせるのは一回限りです。 後悔のない会社選びをしてください。

このページの先頭へ戻る

人々の生活を支えていると自負しています。

池谷 美帆(2011年入社)

職員

写真:池谷社員

入社のきっかけは?
 私はこの会社の働く「人」に魅力を感じ、入社を決めました。私が就職活動を行った年は世間で「就職氷河期」と叫ばれていた年でした。各社採用枠が今に比べて非常に少なかったこともあり、就職活動を始めた当初は働く場所を絞っていませんでしたが、そのような厳しい状況下で静岡の企業で働く人々の人柄、温かさは本当に身に染みました。その時から「地元静岡に貢献できる仕事がしたい」と思うようになり、中でも特に働く人の人柄や働きやすい環境がある当社に魅力を感じ、入社を決めました。
現在の仕事内容は?
 管理部門で仕事をしており、主に秘書業務、給与や社会保険業務、人事業務を行っています。秘書業務は幅広く、普段接することがないような方や物事に触れる機会が多くあり、様々な経験をしています。また、秘書業務に限らず給与や社会保険業務においても絶対に間違いや落ちがないよう細心の注意を払って仕事に取り組んでいます。若手のうちから多くの経験ができ、日々成長を実感できます。

池谷社員:仕事風景

仕事でのやりがいは?
 私達の日々の業務が人々の生活の「当たり前」を支えているということです。 2011年3月11日の東日本大震災では、物流がストップし国内はパニック状態になりました。ガソリンや米、飲料水等多くの物資が店頭から姿を消し、物流の大切さを改めて実感しました。物流とは、電力や水道と同じ私達のライフラインの一つであり、物流業に携わることで人々の生活に貢献しているのだと感じることができます。
学生に一言
 就職活動は、自分の人生において短い期間ではありますがとても良い経験となります。まずは、自分の軸となる考えを持つことが大切だと考えます。どのような会社で働きたいのか、自分にとって何が重要か、今一度自分と向き合ってみて下さい。世間一般における評判や先入観、情報に惑わされることなく、自ら決めた基準に従えば必ず共感できる、本当に自分に合った会社が見つかってくると思います。体調管理をしっかり行いながら、悔いの残らない就職活動となるよう皆さん頑張ってください。

このページの先頭へ戻る

若手社員が活躍できる職場です!

増田 真理亜(2013年入社)

職員

写真:増田社員

入社のきっかけは?
 物流が生命線である海洋国家で多岐にわたる業界と関わり、物流を肌で感じることができる仕事に心を惹かれました。物流・運送業界は時代とともに変化しているため、努力次第で限界も可能性も変えることが出来ます。自分オリジナルのアイデアを提案できる場が多くあり、感受性や発言力、行動力が試される仕事内容に魅力を感じました。
現在の仕事内容は?
 私は総務部総務・人事課という部署に所属しています。主に人事・総務・経理・秘書の4つの業務を行っており、階層別研修・行事・給与社保・経理処理・役員スケジュール管理等に携わっています。段階を踏んでステップアップし、自分の成長を実感すると同時に新しい事にチャレンジすることが出来る職場です。

増田社員:仕事風景

仕事でのやりがいは?
 管理部門の業務は「できて当たり前」の100点満点を求められる重要な仕事ですが、それ以上にやりがいもあります。社内外の方から頼りにされることも多く、「ありがとう。」と言ってもらえるとやりがいを感じます。
学生に一言
 就職活動はたくさんの企業や人と出会うことが出来る貴重な機会であり、自分自身を見つめ直す良い機会でもあります。私は就職活動を通して、たくさんの業界や企業を知り、多くの方と出会った事で視野が広がりました。今でもその経験を仕事に活かすことが出来ていると実感しています。自分の将来を決める就職活動において、企業に選ばれるのではなく、自分で企業を選ぶことは大変重要であると思います。自分にマッチした企業と出会うことが出来るよう応援しています。

このページの先頭へ戻る

以上:メインコンテンツ

文字サイズ変更

©Copyright 2012 Suzuyo Jidousha Unsou Co.,Ltd. All rights reserved.